印鑑 スタンプ 知って得する豆知識

スタンプの作りかた

スタンプを作ろう

みなさんはスタンプを作ったことがありますか!?

スタンプは誰でもとっても簡単に作れちゃうんです。

実際わたしがまだ小学校1年生のとき、生活時間でスタンプを作るという授業がありました。

なにでスタンプを作ったかというと、学校の花壇で育てていたお芋を使ってスタンプを作ったんです!

お芋???と思ったかもしれませんが、結構上手にできましたよ。

 

お芋スタンプの作り方

1、お芋を切ります。

まず最初お芋を真ん中から半分にきります。

スタンプの取っ手の部分も考えてからきりましょう。

2、切り口をあらいます。

切った切り口のほうをスタンプの部分ににするため、切り口はキレイに洗いましょう。

3、切り口にイラストを描きます。

切り口のほうに自分の好きなイラストをエンピツで描きます。

4、彫る。

描いたイラストのうえを細い棒などで掘っていきます。

お芋は中があんがいやわらかいため、すんなりほれますよ。

失敗しないよう丁寧に彫っていきましょう。

5、乾燥させましょう。

そして彫ったらある程度乾燥させるために、直射日光の当たらない場所へ置いておきます。

その時乾燥しすぎないようにするのもコツですよ。

6、完成

そしてある程度乾燥したらできあがりです。

自分の好きなインクをつけて押すだけです。どうですか?簡単ですよね♪お芋スタンプ


このようにして、お芋でスタンプを作るのは簡単にできます。

また同様にして、消しゴムなんかを使って作るといったこともできますよね。

しかし消しゴムは決して軟らかくはありませんので、彫刻刀などで彫るさいは十分気をつけてください。


そういえば、結構前にスタンプクラブというプリクラのシールがスタンプバージョンだったのを覚えていますか?

確か500円か600円くらいで、顔写真をとって、それをスタンプにするというやつです!

わたしも1度だけお母さんと撮ったことがあったのですが、あの出来もかなりのものでしたよね。

顔もはっきりと写っていて、スタンプもフレーム付でデザインも可愛かったです。

今ではもう見かけないですが、そういったものもありましたありました。

なつかしいですね〜♪

そのスタンプもオリジナルといったらオリジナルですが、やっぱりせっかくスタンプを作るのであれば

1から自分で彫って作ったほうが楽しいですよね☆

1から作ることにハマってしまった人には、パワーストーンブレスレットがオススメです。 色とりどりのパワーストーンを好きな色の紐やゴムで輪にするだけ。それだけです。 たったそれだけなのになぜかハマっちゃうパワーストーンブレスレット制作。余裕がある人はパワーストーン の効果や相性を考えたブレスレットを作ってみるといいかもしれません。

recommend

自然農法にこだわったナチュラルフード【keian】

2017/10/11 更新


 copyright(c) 2014  Stamp in Story  all rights reserved.